日本テレビサービス 個人情報保護基本方針

<基本理念>

 近年のインターネットや情報技術の急速な発展により、個人情報の保護をとりまく環境は日々変化しています。様々な事業を展開する当社にとって、個人情報保護という社会的責任を果たしていくことは今後ますます重要であると考えます。また、お客様からの信用と支持を得ることが当社の事業の根本と認識しております。そこで当社の業務に携わる全ての者が遵守すべき基本的事項として、以下の個人情報保護方針を制定します。

<個人情報保護方針>

 一)法令の遵守
   当社は、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守します。

 二)個人情報の取得に関して
   当社の業務内容は、コンテンツ関連商品製作・販売、テレビ番組の販売、保険代理店業務等多岐にわたるため多種多様な個人情報を取得することがあります。個人情報を取得する場合、適法かつ公正な手段によって取得します。また利用目的を提示し、利用目的を達成するために必要最低限の範囲で取得します。
個人情報は、お客様から取得するほか、個人信用情報機関、またはインターネット・官報その他一般に公開されている情報から取得すること等もあります。

 三)個人情報の利用および提供に関して
   個人情報の取得後は、取得時に明示した利用目的の範囲内にのみ利用し、またその為の処置を講じます。個人情報の利用及び提供を確実にするため、従業員の教育を徹底します。利用目的を変更する場合には、事前に本人からの同意を得ます。取得した個人情報については厳正な管理を実施し、本人の同意があった場合を除き第三者への提供は行いません。本人からの開示・削除・訂正の申し出があった場合には調査を行い、対応します。

 四)個人情報の管理・保護について
   当社は、個人情報を正確かつ最新の状態で安全な環境下に保持するよう努め、漏えい、滅失または毀損等のリスクに対して最善の予防策を講じると共に、万一事故が起きた場合には速やかに是正処置を行います。また部門単位で個人情報の取り扱いに関する担当者を置き、適切な管理を実施することで個人情報の保護に努めます。

 五)個人情報保護に関するマネジメントシステムの策定および継続的改善
   当社は、実情に合った適切な個人情報保護に関するマネジメントシステムを策定し、年一回以上の監査と見直しを行い継続的改善に努めます。

 六)社内体制の整備
   社内体制の整備にあたり、個人情報管理責任者と個人情報監査責任者を任命し、個人情報保護の推進、維持、運用管理、教育・指導を行います。また個人情報保護部門を設置し、全体管理、規程管理、社内教育・指導、相談窓口、記録管理を行います。当社役員および全従業員は、個人情報保護に関するマネジメントシステムを遵守します。

 七)個人情報に関する問い合わせ
   当社は、個人情報の取り扱いに関する苦情および相談等の問い合わせについて適切かつ迅速な対応に努めます。
   当社の個人情報に関する問い合わせは「個人情報お問い合わせ窓口」までご連絡ください。

  個人情報利用目的は「個人情報の利用目的の公表について」をご参照ください。

  開示等請求についての手続きは「個人情報開示等請求手続きのご案内」をご参照ください。

  開示対象個人情報に関する事項は「開示対象個人情報について」をご参照ください。

2004年11月29日 制定 

2019年  4月16日 改訂 

株式会社 日本テレビサービス 

代表取締役社長  横田 昌之 

10860580_07_200_JP.png